【2022年最新版】17選・webライターを募集しているサイト一覧!実際の使用感もグラフ化してみました!

 小説を書くのが好き、ブログを書くのが好き、とにかく文章を書くのが好き。
そんな方におすすめできる副業がwebライティングです。
今回の記事では、webライターの求人・案件の募集をしているクラウドソーシングサイトをまとめました。

書き手の特性によって合うサイトは変わりますので、まずはどのようなサイトがあるのかを知ることが必要です。

実際にwebライターとして活動している私が、サイトの評判も含めてご紹介します。
使ってみて、使用感がわかったものにはグラフでおすすめ度も表しています。

この記事はこんな人におすすめ!
  • 文章を書く仕事を探している
  • クラウドソーシングのサイトを知りたい
  • 自分の「好き」を仕事にしたい
  • 副業でお小遣い稼ぎをしたい
目次

webライティングの案件があるサイト

クラウドワークス
会員登録数100万人超。webライティングの他に小説やシナリオ、台本作成の案件もある。
単価は安い案件が多いが、安心して仕事ができる。スマホアプリにも対応。

はにぃくんの使用感
う~ん…
おすすめ

ランサーズ
ブログ記事執筆以外にもYouTube動画の台本の作成案件等もある。
こちらもクラウドワークスと同様、単価は安くても比較的安心して仕事ができる。

はにぃくんの使用感
う~ん…
おすすめ

ココナラ
スキルのオンラインマーケット。自分の執筆スキル自体を商品として出すこともできる。

はにぃくんの使用感
う~ん…
おすすめ

Craudiaクラウディア
登録ID数は25万人超。SEO記事が主になるが、マンガシナリオライターの募集もある。

サグーワークス
記事作成に特化しているサービス。プラチナライターになると高単価ライティングの仕事も受けられる。

シュフティ
簡単な記事作成やアンケートなど、スマホで完結できる仕事もある。

WorkAny(ワークエニー)
副業マッチングプラットフォーム。ライティングというよりも編集者としての求人が多いイメージ。
正直ライターとしての書く仕事は少ないです。

はにぃくんの使用感
う~ん…
おすすめ

アナザーワークス
複業マッチングプラットフォーム。今の段階では大手より利用者が少ないので、狙い目な案件が落ちてることも。

ライターステーション
編集部のサポートが厚く、未経験者も歓迎している。ただ、登録には試験に合格する必要があります。

Shinobiライティング
web記事のほかにも取材ライターの募集もしている。

_ist(イスト)
比較的新しめのサービス。サイトデザインは洗練されている。

Bizseek
手数料は10%と他サービスと比べるとだいぶ安いです。

Workship(ワークシップ)
ライターの募集もあるが、エンジニアやデザイナー色が強い。

ポチタマライター
犬・猫専門ライティングサイト。1記事最大800円の報酬なので、犬猫好きじゃないときついと思います。

おうち稼ぎ.com
占いの体験記事などあるが、正直単価は……。どうしても書きたいジャンルがあるなら、という感じです。

カカセルエディター
掲載案件の約77%が文字単価2円以上。ただし、能力次第というところはある。

JOBHUB
パソナグループが運営している。プロジェクト管理も運営がしてくれるので、安心。

こちらに載せていないwebライターを募集しているサイトもありますが、怪しいサイト、運営の動きがないものは掲載していません。

webライターをするにあたって

パソコンで仕事をしている画像

詐欺や悪質案件に注意する

運営側も注意していますが、悪質な詐欺や違反行為をさせようとする業者が存在します。

クラウドソーシングとして大手のクラウドワークスやランサーズでも、そのような悪質な業者が存在するので注意が必要です。

できるだけ、仮払いシステムがあるサイトを利用する方が無難です。

実績を作る

案件をこなすことで、実績を作ることができます。

その実績をもとにポートフォリオを作成し、高単価案件に繋げることも可能です。

本格的にwebライターとして活動する場合は、必ず作成しましょう。

登録サイトは絞る

色々なクラウドソーシングについて知った方がいいのはもちろんなのですが、仕事をするサイトは絞った方がいいです。

複数登録をする場合でも、3サイトくらいが無難です。

たくさんサイトに登録したら色々な案件との出会いがありますが、出金管理が面倒になります。

また、出金手数料の兼ね合いでも損です。

おすすめサイト

ご紹介したなかで実績・信頼・案件の豊富さを考えると、おすすめできるのはこちらの3つになります。

クラウドワークス
ランサーズ
ココナラ

まずはこの3サイトで実績を作るのがおすすめです。

この3サイトは小説やシナリオ作成の仕事、コピーライティングの仕事等もあるので比較的クリエイター向けです。

もし、上記3サイトで案件がとれない場合は、他のサイトから始めるのもひとつの手です。

はにぃくん

今後も新しい情報は随時更新していきます。
より詳しい情報を知りたい方は、関連記事も参考にしていただけると幸いです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

eighteen − five =

目次
閉じる