第1回 ちくま800字文学賞佳作「縁合い」

縁合い
目次

第1回 ちくま800字文学賞 佳作

「縁合い」 作:なぎさ奈緒

 私の故郷にはある言い伝えがある。

 カラスの多い夜は特別な夜店が立つというものだ。子供のころ、一度だけ訪れたことがある。

 やけにカラスが騒がしい夜だった。星の観察をしていたはずがいつの間にか縁日にいた。

 客も店主もなく、ぼうっと明るい夜店が並ぶだけ。

 表情の動くお面、雲のように浮かんでいる綿菓子、火の輪を使った輪投げ、耳や指が並んだ射的。

 金魚すくいの店にだけ店主がいた。店主はカラスに見えたり黒衣の少女に見えたりと姿が定まらない。

「さあ、すくってごらん。お代はいらないよ。そういう店じゃないからね。この水槽は記憶の海と繋がっている。遠い遠い記憶の海。過去も未来も混ざり合う深く広い海」

 金魚の方から寄ってきて、自らポイに乗った。金魚が人魚に変化していく。男だった。

 男が私の名を呼ぶ。

 とっさに私は逃げた。

「見事に未来の記憶をすくったね」

 背後から聞こえる少女の笑い声は、次第にカラスの鳴き声に変わっていった。

 私はやがて大人になり結婚したものの、なかなか子供を授からない。

 夫は「そういうのは縁だから」とのんきで、私はイライラした。

 ついにある晩、言い争いをして思わず家を飛び出した。

 騒がしいカラスの声を聞きながら夜道を歩くうちに、あの縁日に辿り着いた。あのころとは全く別の土地なのに。

「いらっしゃい。また来たね」

 金魚すくいの少女に声をかけられて気付く。

 あの時すくった人魚は夫だった。どうして忘れていたんだろう。

 口に出したわけでもないのに、少女は言う。

「ここはそういう夜店だからさ。離れれば忘れてしまう。だけどなくなるわけじゃない。深い深い記憶の海に潜るだけ。この水槽と繋がる遠い遠い記憶の海にね」

 もう一度すくってみなよとポイを渡され、小さな人魚をすくった。

 人魚は「ママ」と呼んでからちゃぷんと跳ねて私のお腹に吸い込まれていった。店主が言う。

「君のおなかの海に泳いでいったんだろう」

 私は満たされた思いで夜店を後にした。

作者

なぎさ奈緒(霜月透子)

霜月透子名義にて第16回・第17回坊っちゃん文学賞にて佳作を受賞。
『恋テロ』(富士見L文庫)に短編小説が収録、『夢三十夜』(学研プラス)『5分後に意外な結末ex琥珀にとじこめられた未来』(学研プラス)にショートショートが収録されている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

three + eleven =

目次
閉じる