第1回 ちくま800字文学賞大賞「嘘を八百」

嘘を八百
目次

第1回 ちくま800字文学賞 大賞

「嘘を八百」 作:田原にか

 満月の夜、壮太は美優の言葉を思い出していた。

「人間は一人の相手に対して、800までしか嘘がつけないの。だから嘘を800回言いあおうよ。そしたら嘘がつけない関係になれるじゃない?」

 二人は何ヶ月もかけて嘘を言い合った。

 両親がアラブの石油王だとか、事故物件に住んでいるとか、実は背後霊なんだとか、へそのボタンを押したら頭が飛び出す機能がついているとか。

 そして二人で800個の嘘を言った後、美優は壮太に向かって笑顔で問いかけた。

「こうやって嘘がつけなくなったんだから、私言うね。壮太の事好きよ。でもね、付き合い始めのドキドキは何処かに忘れちゃったみたい。だからさ、壮太と別れて一人で生きる人生を想像したの。 でもさ。 回転ずしでマヨコーン連続で頼んでも怒らない人いるかな? ブーツ脱いで臭かったから、ブーツ持って追いかけまわしても怒らない人っているかな? 満月を見る度に「狼女だ~」って噛みついても怒らない人っているかな? もうドキドキしなくなっちゃったのに一緒にいたいと言って怒らない人っているかな?」

 月明りで美優の表情が壮太にはわからなかった。

 しかし壮太は決意を込めた眼差しで美優を見つめた。

「僕は、美優のそばにいるよ。ずっと」

 月は二人の夜空に輝いていた。そして何回も何十回も何百回も、寄り添う二人を照らし続けた。

 そして。

 それは春なのに、まだ雪が降りそうな寒い朝だった。

 壮太は、病院のベッドで眠るように横になっていた。美優は壮太の皺だらけになった手を握っていた。

「嘘つき。ずっとそばにいるんでしょ」

 壮太は動かない。

「嘘は800回しか言えないんだからね。あれが嘘なら、一個多いよ」

 美優の涙は止まらなかった。そして涙が壮太の手の甲に落ちた時、壮太は突然目を開けた。

 そしてゆっくりと唇を動かした。

「背後霊が本当になりそうだな」

 美優は「嘘つき」と叫びながら、静かに目を閉じた壮太を強く抱きしめた。

画:まさきみほ
作者

田原にか

140字小説・ショートショートの執筆を主に活動している。
「ショートショートnote杯」「超ショートショートコンテスト」で受賞。
また、ショートショートマガジン『ベリショーズ』にも作品を掲載。
執筆の傍ら「毎週ショートショートnote」という企画を運営。作家の田丸雅智さんを尊敬している。

挿絵制作

まさきみほ@mtree0906

1996年長野県千曲市生まれ 東北芸術工科大学 洋画コース卒。
作家と広告業の二足の草鞋で活動中。


作品を初めて読んだ時、情景が浮かんでくる美しい作品だと感じました。
春先の霧が出るような冷える朝の景色を色彩で、嘘が重なるイメージを和紙のコラージュや絵の具の盛り上げで表現しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

one × 4 =

目次