『婚約破棄後の悪役令嬢~ショックで前世の記憶を思い出したのでハッピーエンド目指します!~』作者・弓削鈴音さん、編集・西村さんにインタビュー!コミカライズのきっかけはノベルバへの投稿!

婚約破棄後の悪役令嬢

お得感No.1のコミックサイト・まんが王国で連載を開始した『婚約破棄後の悪役令嬢~ショックで前世の記憶を思い出したのでハッピーエンド目指します!~』
配信直後から人気になったこの作品は小説投稿サイト・ノベルバからの掘り起こしでコミカライズ化されました。

今回は、作者の弓削鈴音さんに創作の秘訣を聞くとともに、マンガ編集の西村さんにもお話をうかがいました。

自作品のコミカライズを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

はにぃくん

弓削先生、西村さん、本日はよろしくお願いいたします!

目次

『婚約破棄後の悪役令嬢~ショックで前世の記憶を思い出したのでハッピーエンド目指します!~』について

婚約破棄後の悪役令嬢ーコマ1
©弓削鈴音/あつみこ/ビーグリー2023

――はじめに、コミカライズされた『婚約破棄後の悪役令嬢~ショックで前世の記憶を思い出したのでハッピーエンド目指します!~』がどのような物語か教えていただけますか?

弓削:本作品は、主人公のアマリリス・クリストが、自分の過去や劣等感を乗り越えていく物語です。いわゆる悪役令嬢ものではありますが、ただやり返して終わりではなく、アマリリスという一人の女の子が成長していく過程を描いています。

舞台となっているウィンドール王国は、風と魔法の国です。アマリリスの実家のクリスト家は五大公爵家の一つであり、国の中でも重要な地位を占めています。ただ、アマリリスは黒持ちと呼ばれる迫害の対象で、貴族社会や魔法学校でもそれを原因に不当に貶められた過去もありました。それでもめげずに、婚約者である第三王子に相応しくあろうと努力をしてきたアマリリスが、彼に婚約破棄をされてしまうところから今作は始まります。

続きはここで述べてしまうと味気ないので、ぜひコミカライズや小説を読んでいただければと思います。

――私はどちらも拝読しましたが、とても惹きつけられる展開で夢中になって読み進めました。この物語を書くきっかけなどはあったんでしょうか?

弓削:『婚約破棄後の悪役令嬢』は、五年ほど前にノベルバ様で連載していた『諦めていた人生の続きで私は幸せを掴む』という作品がもとになっています。旧作の方は、単純に創作をしてみたくて、当時自分がハマっていた悪役令嬢ものを書いてみたいと思って書き始めました。当時一緒に創作をしていた友人の存在も大きかったです。旧作は、リアルが忙しくなったことと、かなり見切り発車で始めてしまったこともあって、完結させることができませんでした。ただ、自分の中でアマリリスの物語に決着をつけてあげられなかったことがずっと心残りだったので、もう一度創作を頑張ってみようと思い、プロットを練り直して書き始めたのが今作です。

前作を書いていた時から私自身にも変化があったので、かなりストーリーの主軸も変わっているのではないかなと思います。ただどちらの版でも、自分の過去を越えていく女の子を描きたい、という原点は変わっていないと思います。かなり小説を読んで育ってきた子供だったので、昔自分が創作の世界に生きるキャラクターの生き様に勇気付けられたように、自分の作品も誰かの原動力になれたら良いなと願っています。

自作がコミカライズされた心境

婚約破棄~コマ2
©弓削鈴音/あつみこ/ビーグリー2023

――ノベルバからの掘り起こしということですが、実際に声がかかったときはどんな気持ちでしたか?

弓削:最初にお声がけいただいたメールに気付いた時は、思わず叫んでしまいました笑
その後冷静になって、今度はこんなありがたいお話があるのかと信じられなくなって、文面を十回以上読み返しました笑

やっと状況を飲み込めた時は、自分の作品を評価していただけたことがすごく嬉しかったですし、アマリリスたちに漫画を通して会えるというのがとても楽しみになりました。小説自体へのモチベーションも、すごく上がったと思います。
ただ、未だにコミカライズを信じられていない自分がまだいて、時々次に目が覚めた時に全部夢だったらどうしようと思ってしまうことがあります笑 それくらい私にとっては、コミカライズのお話は思いがけなくて、それこそ夢のようなお話です。

――お話を聞くだけでこちらもウキウキしてしまいます(笑)コミカライズの配信が始まってどんな気持ちですか?

弓削:想像以上の反響をいただいていて、本当にびっくりしています。漫画を描いてくださっているあつみこ先生や編集者の西村様をはじめとした制作に関わっている皆様と、何よりも作品を楽しんでくださっている読者の皆様へ感謝が尽きません。創作は、いくら作り手が頑張っても受け取り手がいないと始まらないので、こうやってコミカライズが多くの方々に楽しんでいただけているというのが非常にありがたいです。
コミカライズではあつみこ先生がたくさん漫画としての工夫をしてくださっていて、私も一読者として毎話楽しく拝読しています。

大事にしているのは、人物の心の動き

婚約破棄・コマ3
©弓削鈴音/あつみこ/ビーグリー2023

――物語を作るときに意識していること、工夫などがあれば教えてください!

弓削:私が小説を書く時に大事にしているのは、登場人物の心の動きです。同じ出来事でも、キャラクターによって感じ方はそれぞれで、とる行動も全く変わってきます。出来るだけ丁寧に、キャラクターたちの心の動きを追うように心がけています。
会話文もかなり気にしています。言葉選びからは人格が滲み出てくると思うので、このキャラクターがこの場面で使いそうな言葉はなんだろうなと常に考えながら書いています。また、複数人の掛け合いの時には、出来るだけ自然に、かつテンポが良くなるように意識しています。
なかなか上手くいかないことも多いですが、頭を悩ませる時間も楽しいのが、創作の素敵なところでありずるいところです。

コミカライズを目指すなら、色々な賞に応募してみる

――これからコミカライズ原作を目指す創作者の方に向けて、アドバイスをお願いします。

弓削:ご自身が面白いと感じるものをぜひ大切にしていただきたいです。創作は孤独な作業で、時々自分の感性を信じられなくなるタイミングが来ると思いますが、結局のところ出来上がった作品を読者の方々がどう感じるかは、我々創作者にはコントロールできません。私たちにできるのは、自分が面白いと信じられるものを書くことだけです。一人で小説を書いている間は、きっと何度も不安になると思いますが、どうか諦めないで筆を執り続けて欲しいです。

そして本気でコミカライズを目指すのでしたら、ぜひ色々な賞に応募してみてください。私自身、旧作の方で数年前にコミカライズコンテストに応募したことがあります。たとえそこですぐに結果に繋がらなかったとしても、自分の実力を知って、周りにも自分がコミカライズ化を目指しているとアピールすることにつながると思います。

――最後に、『婚約破棄後の悪役令嬢~ショックで前世の記憶を思い出したのでハッピーエンド目指します!~』の見どころを教えてください!

弓削:一番の見どころは、アマリリスの見せる色々な表情だと思います。アマリリスは決して完璧な貴族令嬢ではなく、いい意味であまり小説や漫画のキャラクターっぽくないというか、人としての弱さがある人物です。だからこそ、アマリリスが泣いたら辛くなるし、笑ったら自分も嬉しくなるのかなと思います。自分で生み出したキャラクターではあるのですが、異世界に実在する友人のように私は思っています。

そんなアマリリスが中心となって織り出す人間模様だったり、彼女の色々な一面を楽しんでいただけたら嬉しいです。特にコミカライズだと、あつみこ先生の美麗な絵で、アマリリスの多彩な表情をお楽しみいただけて、小説を読んでいてもとても楽しいのではないかなと思います。
他の登場人物もとても素敵に描いていただいているので、ぜひ漫画も小説もご覧になっていただけたら嬉しいです。

――弓削先生の作品への思いがひしひしと伝わってきました。また、コミカライズを目指す創作者にとって、励みになる回答をいただけたと思います。本日はお忙しいなか、ありがとうございました!

編集・西村様への質問

婚約破棄~コマ4
©弓削鈴音/あつみこ/ビーグリー2023

――『婚約破棄後の悪役令嬢~ショックで前世の記憶を思い出したのでハッピーエンド目指します!~』を掘り起こしコミカライズをした理由をお聞きしてもよろしいでしょうか?


西村:原作小説を読み、それ自体とても面白かったのですが、マンガにしたらもっと多くの人にこの作品を読んでもらえそうだと思ったのが理由です。
具体的には、冒頭の、華やかな魔法学校の卒業パーティーの場で王子に婚約破棄されるという、婚約破棄ものとしては定番のシーンですがとても絵になるなあと思ったり、1話のクライマックスシーンである、アマリリスがその美しく長い髪を切り落とす場面も、読んだ瞬間に見開きの大コマで見せるイメージが浮かびました。
また、転生前と今世の人格が入り混じるという複雑な設定はマンガで表現するのは少し難易度が上がりますが、アマリリスの家族や周囲への思いやりや、真摯に王子を愛する純粋さなど主人公自体の魅力も具体的に書かれていましたので、これを漫画の絵にすることでより多くの読者に魅力が伝えられると思いました。

編集さんは、普段からノベルバで作品を読んでいる!

――普段から掘り起こしをするつもりで(ノベルバで)作品を読んでいるのでしょうか?


西村:はい、普段からノベルバで目についた作品は読むようにしています。
ジャンルは特に決めていなくて、異世界ものから現代ものや、サスペンスものまで幅広く読みます。
その中で、先ほどの質問でも述べた通り、主人公の人柄や外見、見せ場のシーンが鮮明にイメージされる作品を見ると、
「コミカライズしたら1話目の見せ場と次回へのヒキはどうなるだろうか?」とか「どんな表紙にしようか?」とか具体的に想像したりしています。

まんが王国では、今どんな作品を求めている?

――今、まんが王国ではどんな物語を求めていますか?差し支えがなければ教えてください。


西村:まんが王国はやや女性の読者が多い電子書店ですので、どちらかというと女性向きの作品を探すようにしています。
今は、ファンタジーのジャンルが流行りではありますが、求めているジャンルはそれに限定していません。
現代設定の少女コミックや女性コミックも多く読まれています。

――ノベルバへの投稿を考えている方に向けて、メッセージをお願いいたします!


西村:ノベルバは、私のようなコミカライズ経験の豊富な編集者が皆様の投稿作品をいつもチェックしています。
私は、コミカライズの目的は、マンガだけでなく小説も含めて著者様の作品を多くの方に楽しんでいただくことだと思っています。
小説もマンガもそれぞれの表現方法の特長があり、同じ作品でも小説とマンガでは異なる客層の方がその作品を楽しんでくれたり、
また今回の『婚約破棄後の悪役令嬢』もそうですが、コミカライズ版を読んだ人が、原作が気になってノベルバの小説を読みにきて、
マンガも小説もどちらもファンになってくれたりもしています。
今後も新しい投稿作品との出会いを楽しみにしてますので、
ノベルバへの投稿を考えている方は、まずは1話目から、チャレンジしてもらえると嬉しいです!

――投稿を考えている方にとって、とても参考になる回答をいただけたと思います。
本日はお忙しいなか、インタビューに応えていただきありがとうございました!

コミカライズ作品・原作小説はこちらから読むことができます!

婚約破棄~コマ5
©弓削鈴音/あつみこ/ビーグリー2023

『婚約破棄後の悪役令嬢~ショックで前世の記憶を思い出したのでハッピーエンド目指します!~』

原作:弓削鈴音
漫画:あつみこ

公爵家の長女アマリリス・クリストは、心から愛していた第三王子に婚約破棄を言い渡されてしまう。その瞬間、ショックで前世の記憶を思い出し、この世界が前世でプレイしていた乙女ゲームの世界だと気づく。悪役令嬢“アマリリス”の救われる道はないの?前世の“私”の記憶を頼りにハッピーエンドへの活路を見出そうとするが…。シナリオが進んでいく中“私”の知識になかった「黒持ち」という迫害対象の魔力特性持ちだと発覚する。果たしてアマリリスは無事にハッピーエンドを掴み取れるのか!?小説投稿サービス『ノベルバ』の「諦めていた人生の続きで私は幸せを掴む」原作!婚約破棄から始まる人生逆転ストーリー!
https://comic.k-manga.jp/title/173336/pv
はにぃくん

コミカライズは「まんが王国」で、原作小説は「ノベルバ」で読むことができます!
無料読みもできるので、ぜひ読んでみてくださいね♪

コミカライズ
原作小説

※当記事内に使用されている画像は「ノベルバ」「まんが王国」の担当者様のご好意で使用を許可いただいたものです。画像の無断転載等を固く禁じます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

three × 4 =

目次