【KDP出版のロイヤリティ】3種類の収益を比較!印税率70%にするための条件とは?

KDPロイヤリティ

kindleダイレクトパブリッシングでの出版をする際、ロイヤリティ(印税)のことは知っておかなければなりません。

価格や販売方法によって得られる収益が変わってくるからです。

今回はその印税率と収益についてまとめましたので、出版を検討されている方は参考にしてください。

この記事はこんな人におすすめ!
  • KDP出版を考えている
  • 利益がどれくらい入るのかを知りたい
  • kindle出版以外も視野に入れている
  • 価格設定に迷っている
目次

KDP出版には3種類の収益がある

はじめに、KDP出版では3種類の収益があります。

①電子書籍の販売によるロイヤリティ
②KEMPの分配金
③ペーパーバッグでのロイヤリティ

また、ロイヤリティには価格などの設定により、印税率が35%と70%と60%に分けられます。

それぞれメリットデメリットがあるので、確認していきましょう。

出版手順についてはこちらの記事で読めます。

電子書籍のロイヤリティについて

出版した電子書籍が購入された場合、著者には既定の印税が入ります。

印税率が35%と70%の2種類があるのですが、これは自由に決められるということではなく条件が違います。

下記の表で比較をしました。

ロイヤリティ35%
ロイヤリティ70%
  • 最小価格:99円
  • 最高価格:20,000円
  • Amazon以外でも販売が可能
  • 最小価格:250円
  • 最高価格:1,250円
  • Amazonと独占契約を結ぶ
  • KDPセレクトに登録必須
はにぃくん

販売ロイヤリティは価格設定が250円以上じゃないと70%になりません

35%の特徴
  • 幅広い価格設定が可能。
  • Amazon以外でも販売ができるので、色々な場所で出版できる。
70%の特徴
  • 獲得するロイヤリティは高いが、価格設定の幅は狭い。
  • Amazonと独占契約をする必要がある。他の場所では出版できない。
  • KDPセレクトに登録する必要がある。

KDPセレクト:Amazonが提供する「kindle Unlimited」の対象作品のこと

kindle Unlimited:月額定額で書籍が読み放題のサブスクサービス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

1 × five =

目次