すすきのを舞台にした怪談を募集!あなたの怪談が朗読される【鴨々川ノスタルジア実行委員会】

すすきの怪談

鴨々川ノスタルジア実行委員会は、北海道札幌市のすすきのを舞台にした怪談を募集しています。

入賞した作品は怪談朗読会に使用され、 朗読会イベント用冊子「Co.Bocket」に掲載される予定です。

目次

応募要項

すすきのを舞台にした怪談を募集する。
創作怪談も応募可。

締切:2023年6月30日(金)

文字数
 ショート部門:500字以内
 一般部門:6,000字以内


 大賞・河崎 秋子賞(一般部門): 30,000 円分のギフトカード
 大賞・山田 航賞(ショート部門):10,000 円分のギフトカード
 鴨ノス賞(一般部門):10,000 円分のギフトカード
 鴨ノス賞(ショート部門):副賞 5,000 円分のギフトカード

 各賞共通
 書評+朗読会イベント用冊子「Co.Bocket」に掲載。

 入賞作品の書き下ろし怪談朗読会は、2023 年9月上旬に東本願寺札幌別院内 大谷ホールにて開催を予定。

審査員

河崎秋子さん

河崎 秋子氏

作家。北海道別海町出身。北海学園大学卒、北海道新聞文学賞(創作・評論部門)、三浦綾子文学賞、大藪春彦賞、他受賞。ススキノといえば。学生時代、ススキノの居酒屋で終電を逃すまで友人と語り合いました。楽しい思い出です。北海道の中でもススキノは特別な歴史と密度を持った地域だと思います。ススキノな らではの深いお話、お待ちしてます。

山田 航氏

歌人。北海道札幌市北区出身。立命館大学法学部卒業、北海学園大学大学院文学研究科修士課程修了。専攻は現代短歌 ススキノに距離的にはたぶん一番近い大学、北海学園大学の非常勤講師。2009年、角川短歌賞及び現代短歌評論賞受賞。ぱさーるのしめさばが好き。

山田航さん

口伝すすきの怪談2023について

すすきののお寺で行われる怪談イベントです。
すすきのを舞台にした怪談の朗読を楽しめます。

はにぃくん

雰囲気あるお寺で、プロ朗読者による怪談の「語り」。
……想像するだけでゾクゾクしますね。

2023年では作品を一般公募し、当日はゲスト審査員がトークライブも行います。

開催日時

2023年9月2日(土)
時刻は調整中とのこと。

会場

【一般作品】
第1会場:真宗大谷派札幌別院 大谷ホール

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

sixteen + 12 =

目次