Canva Webサイトがローンチ!無料で簡単にホームページの作成が可能に…!

Canva Webサイト

グラフィックデザインツールの「Canva」がビジュアルコミュニケーションプラットフォームへと進化しました。

今回、Canva Create 2022: The Future Is Visualにて発表されたCanvaの新機能は6つ。

  1. Canva Docs
  2. Canva Webサイト
  3. ホワイトボード
  4. 動画の背景透過
  5. プレゼンテーションのリモコン機能
  6. Canvaプリント製品の拡大

そのどれも魅力的な機能です。

今回は小説を書くクリエイターにとって身近になりそうなCanva Webサイトの機能を紹介します。

もともとβ版として作成が可能でしたが、ローンチで完全レスポンシブ対応となり、デバイスに関わらずオシャレなホームページを作れるようになりました。

目次

Canva Webサイトの特徴

特徴
  • 無料でドメインが取得できる(Canva Pro以上のプランであれば、既存の独自ドメインへの接続も可能)
  • 完全レスポンシブ対応
  • テンプレートがあるので簡単に作れる
  • オシャレなサイトを作り込める
  • ノーコードで直感的に作成が可能
  • ドキュメントやPDFもサイト上にアップロード可能
  • アナリティクス機能搭載(PVなどが確認できます)

サイト作成の知識がなくでも作れるうえに、これだけの機能が備わっているのはすごいんじゃないでしょうか。

サンプルサイト作成

さっそくですが、私もテンプレートを使ってサイトを作成してみました。

サンプルサイト

作成したサイトのスクリーンショット

サイトの作成から公開まで、5分くらいでできちゃいました。

PCとスマホでは表示が変わりますが、これも自動で変換してくれています。(表示変更をしないようにもできる)


URLは「https://web-novel-labo.my.canva.site/」となっており、web-novel-laboの部分は自分でカスタマイズができました。

地味に嬉しいのがサイト公開時に「検索エンジンで検索できるかどうか」を選べること。

素材も豊富で便利です。Canvaにもともとある素材なので、すぐに使用可能。

画像配置もドラッグ&ドロップで簡単です。これ無料ってすごい時代になりましたね…。

なお、一部の画像や動画はPro以上じゃないと使用できません。

画像や動画の素材をもっと使いたい場合や、背景透過機能を使用したい場合はCanva Proのトライアルがあるので、気になった方は試してみることをおすすめします。

小説を書くクリエイターに役立つサービス

Canva Webサイトを使えば、ポートフォリオの作成はもちろん、自分の書籍や作品をまとめたページを作成することも可能です。おしゃれなテンプレートもあるので、比較的簡単に自分のサイトを作れるでしょう。

クリエイターにとって心強いサービスになることは間違いありません。

興味のある方は、ぜひCanvaを触ってみてくださいね。

ちなみに、この記事のアイキャッチ画像もCanvaを使用して作成しています。

はにぃくん

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

参考記事:Canvaに驚きの6つの新機能が登場!Canva Docs、Canva Webサイト、ホワイトボードなど!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

17 − 14 =

目次